スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
原因の考察(仮説)
- 2007/08/23(Thu) -
IMG_4927.jpg

出穂しはじめてほぼ2週間が過ぎた。7月の下旬くらいまでは生育の遅れが目立つ田んぼもあったら写真のとおり、ほぼ他の田んぼと並んだ。
この時期になると問題はないのだが、原因を考えなければなりません。
生育の遅れの原因は土壌中で有機物が還元し硫化水素が発生し、それが根っこをいじめ窒素の吸収を妨げたのかもしれない。これは自分なりの仮説ですが・・。なぜそこがと問われるとわかりません。生育の遅れていたとこは田んぼの中でも低いとこなのかもしれませんが、もし低いということが原因なら水をかけたとき、そこは水深が深くなるため、他の場所に比べ酸素の供給が少なく有機物が分解しにくい。そのため還元してしまったという仮説も成り立つ。いずれにしても原因を追求して来年は改善させたいと思う。どの田んぼも同じように施肥して管理しても田んぼによって個性がでます。だからおもしろいのかもしれませんね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 特別栽培米 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。