スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クズ米 出荷
- 2007/11/08(Thu) -
20071108181730.jpg

米は玄米になる前に籾殻を取ったあとグレーダーという機械で網で振るいにかけ、網から落ちた米をクズ米という。このクズ米は昔はせんべいなどのお菓子の原料だったが今は様子が違う。
というのはこのクズ米をもう一度網で振るいにかけ一度振るいにかけ落ちた米の中から米として使えそうなものを抜きだすのだ。ディスカウント店で10k3000円以下で売ってる米はこのクズ米が半分くらいは入っているらしい。なので今はクズ米の需要がけっこうあるらしく、いわゆる普通の玄米の価格は下がり気味なのに、このクズ米の価格は上昇傾向にある。いいものの価格は下がり、悪いものの価格が上がるとは不思議な現象なのだ。10k3000円以下というのは極端に安い価格ではあるが、その価格にはこうしたカラクリがある。これ自体は偽装ではないのだが、かつては米菓子の原料にしかならなかったものが白米として流通し、米全体の価格を引き下げているのは事実かもしれない。米余りの世の中で、いい米はあるのにクズ米を混ぜ白米にしたら、いい米が更に余ってしまうのではないかと思ってしまう。まさしく安かろう悪かろうではあるが、クズ米が白米として流通すると正規の玄米の流通が更に減少してしまう。一部の消費者は更に安いものを求め、その中で業者は利益を出そうとクズ米を使うという構造だ。目先だけのことを考えればそれでいいのかもしれないが、持続ということを考えると疑問に思う。クズ米の価格が下がるとそれはそれで売り上げの減少になるのだが、クズ米を白米にし、その需要が増えることにより価格が上がるということを喜んでいいものないか・・・イマイチ腑に落ちない。今は小麦の高騰を受け小麦製品が値上がりしているが米は値上がりしていない。なのでせめて正規の玄米でおいしい米を食べてほしいなぁと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 特別栽培米 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。