スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旅のスタイル
- 2008/02/06(Wed) -
バリ20080203

 旅のスタイルはさまざまだ。周遊タイプに滞在タイプもしくは贅沢三昧の豪華旅行もあれば貧乏旅行もある。高校生までは旅にでることに特別興味があったわけではないが、18歳のとき初めてオーストラリアを訪れてから旅の魅力にはまった。その頃はお金はないが時間はあった。なので必然的にドミトリー形式のバックパック専用ホステルやユースホステルにもよく宿泊した。世界中からパックパッカーが集い情報交換したり人生観を語りあった。今思うとそれはとても有意義で充実した時間だった。今は時間的制約があるのでツアーに参加し、時間をいかに有効に使うかだけの旅が多い。限られた時間の中で有名観光地を訪れ、それなりに感動はあるのだが、出会う人々とのふれあいという意味では希薄になってしまう。もしくは短い時間の中でラグジュアリーなリゾートホテルで非日常的な空間や時間を楽しむのもそれなりに楽しいのだが・・。いろんなスタイルの旅を経験したのだが最近は20歳前後にしたような旅をもう一度してみたくなる。安宿に泊まり現地の人と同じ食事をし、旅人やそこに暮らす人々と語らいのんびり過ごす。時間に追われる旅ではなく、まさしく貧乏旅行だ。あれから20年が経ち、もう一度パックパックで旅に出てみたい。20年経った今、何を感じることができるのだろうか・・楽しみだ。

 旅ブロ リニューアルキャンペーン

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。