スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
育苗マット搬入
- 2008/03/22(Sat) -
エースマット20080322

 今日は5月初旬の陽気だったとか。気温も17℃まで上がりました。こんなに天気がいいのに田んぼは湿ったままなので作業はできず、出来ることからやろうということで資材の搬入を行なった。苗の育苗の際に通常は苗箱に床土を入れるが、その床土だけで3kの重さになってしまう。作業性も悪く重いので仕事としても重労働だ。そこで当研究会では床土の代わりにウールでできた育苗マットを使っている。重さは一枚100g程度で比較にならないくらい軽い。そして原料もウールなので田んぼの中で自然も戻ってしまうので安全だ。資材としてはかなり優れたもので6年前から使用している。しかし知名度がなく資材としては一般化していなかった。それが昨年から急に売れ始め、今年はかなりの農家でも使われることになるだとか。一般的な苗箱は田植え時の重さは7kくらいになる。それがマットだとせいぜい4kで済み、重労働から開放される。資材を軽量化すると作業する人にも運ぶ車にもやさしい。それは大きな意味で地球にもやさしく環境にもいいだろう。当研究会では環境にやさしい資材を積極的に研究し取り入れていこうと思う。
スポンサーサイト
この記事のURL | 特別栽培米 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。