fc2ブログ
クローラートラクタ
- 2009/01/20(Tue) -
パワクロ2200901
 現代の稲作についていえば農業機械は不可欠である。ましてやある程度の規模になると、その機械をもっとも効率よく回すことが経営の中枢ともいえる。したがって普段から農業機械に興味を持ち、それらに対しての知識を深めることも大事だし、常に最新の情報は欠かせない。今回、まだ未定ではあるが、景気対策の一環で政府の緊急リース助成事業があることを販売店の担当者より案内して頂いた。現在のトラクタは26PSで今の経営規模からすると物足りないサイズなので、来年には設備投資として今より大きなトラクタの導入を考えなくてはと思っていた。今年の導入となると一年前倒しになるわけで、それに対しての心構えはできていない。しかし助成事業であるならば使えるものは使いたい。今回の国の事業では普通のタイヤのトラクタは除外され、クローラートラクタのみが事業対象になっている。次回はクローラートラクタと考えていたので、ぴったりの事業だ。それにしても一年前倒しか・・。よく考えて経営の再構築をしなくては思う。
スポンサーサイト



この記事のURL | 農業機材 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |