スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
信仰
- 2009/01/29(Thu) -
沐浴200901
 今日も昨日に引き続きバリネタです。バリに行く度にバリヒンズー教寺院には必ず行く。なぜか理由はないのだが寺院へ行くと落ち着き、バリに来たことを実感できる。今回はウブド近郊のティルタ・エンプルという聖なる泉の寺を訪ねた。普段は沐浴場は無人だそうだが、この日は偶然にも祭礼があり、多くの人が沐浴場で身を清めていた。そして多くの信者さんがお供え物を持って礼拝に訪れていた。生活に根付いたバリヒンズー教なので日本の初詣のような軽さはなく、祈りは真剣そのものだ。バリに魅了される観光客は多いのだが、バリらしさであるバリの風習や人々のやさしさなど、バリの礎はバリヒンズー教なのだろう。

供えもの200901
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。