スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
稲わら
- 2007/10/17(Wed) -
20071017195816.jpg

 稲刈り時の藁の処理の仕方はコンバインの後部についているカッターで藁を裁断し全量を田んぼへ還元する方法と、藁を裁断せず紐で結束しその藁を乾かし藁を他で活用するほうほうがある。
写真の田んぼは半分をカッターで裁断し、半分は結束した様子です。
藁をどの程度、田んぼへ還元すべきかは諸説もあるしその人の思い入れもあるのでなんとも言えないが、個人的には全量田んぼへ還元するほうがいいと思っている。全量還元すると藁が800k/10aになり藁が分解した際の窒素成分は約1k/10aになる。といってもその窒素成分が効くようになるには何年もかかるが・・。藁を田んぼへ入れる効用は単に窒素成分があるだけではなく、有機である藁を田んぼへ還元することにより、土が絞まらずフカフカになり、そこに酸素が入り植物の生育を促進する働きがあるのだと思っている。
それとなんと言っても米の食味が違います。稲を天日干ししてその藁をまったく田んぼへ還元せず、化学肥料のみで栽培すると、たしかに多収になり、しかも栽培もコントロールし易いが、できた米を食してみるとコクと甘みが足りないような気がします。ただ藁は炭素率が低いのでそのままの状態では分解しにくいため、炭素率の高い資材を同時に散布するか、もしくは耕運を繰り返し分解を促進する必要がある。
個人的見解であるが、一年お世話になった田んぼへ全量の藁をお返ししてもというかお返しすべきなのだと思う。
この田んぼのオーナーは義理の叔父で藁を畑でも使いたいとのことで
泣く泣く半分は結束したのでした。。。

この記事のURL | 特別栽培米 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<アップルパイ | メイン | 夕陽>>
コメント
--
自然のサイクルなのですね。
何も足さず、何もひかず・・・。
とても素晴らしい考え方ですね。
2007/10/18 09:59  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
  コメントありがとうございます。
田んぼで育った稲わらを田んぼへお返しするのは自然の摂理に近いのだと
思います。稲作も自然の循環の中での営みですね。
2007/10/18 19:44  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/126-9fb2b8c7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。