スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Xデー
- 2007/10/24(Wed) -
20071024193825.jpg

 ここのとこ稲刈りは中断していたが、今日が平成19年度の最後の稲刈りとなった。
残るのは先日困り果てた湿田1反。田んぼが乾くのを待っていたが先週末の大雨で浸水しけしていい状態ではない。天気予報では金曜日には雨が降るらしい。晴天が何日か続いたので今日しかないと思い稲刈りを実行。今日がXデーなのです。

 泥濘でコンバインが入れないことを想定して今日は4人で作業を開始、騙し騙しコンバインで刈れるところは刈ってあとは手刈りとなった。
しかしこの田んぼ、いくら待っても田んぼが乾かない、というのも田んぼの構造に問題がある。田んぼの脇に用水があり、そこにはその周辺の漏れ水が24時間わずかではあるが流れている。何十年も大変な思いをして稲作りをしてきた田んぼで近所でも有名な湿田らしい。
まあ今日終わらなかったら何日でも田んぼへ入って手刈りをしようと覚悟していたが5時には無事稲刈りが終了した。
今日来ていただいた史上最強の助っ人w氏、新規就農者のS氏とK氏。
一人一人が最高のパフォーマンスを発揮してくれたお陰だ。
機械の力も大きいが人の力もすごいものだと改めて思い、稲作はけして自分ひとりの力ではできないのだと実感しました。機械もそして人も、いろんなお力をお借りして初めて一粒の米になるのだと思います。今年最後の稲刈りの日につくづくみなさまのお陰なのだと思いました。最後にこの湿田の稲刈りを終え、謙虚な気持ちを忘れてはいけないことをこの田んぼから学んだような気がします。
この場を借りて、本日お手伝い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

20071024193902.jpg

 新規就農三年目のS氏。今はトマトの栽培をしていますが数年後には稲作にも挑戦の予定です。これからの有望な人材です。それにしてもご苦労さまでした。
この記事のURL | 田んぼの時間 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<蕎麦の地干し | メイン | 休耕田>>
コメント
--
最後の稲刈りで、素晴らしい“教え”があったのですね~。
人間一人の力は小さいけれど、その力を合わせれば大きな仕事も出来てしまうものですね。
素晴らしい!
2007/10/25 08:52  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
コメントありがとうございます。
一人の力は小さくてもチームで仕事をこなせばはかどりますね。
農繁期には大勢の助っ人の力をお借りするわけですが、うちに来てくれる人たちは
すばらしいです。いい仕事ができてしかも楽しい。すばらしい仲間がいてしあわせです。
2007/10/25 19:03  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/133-e4d0b150
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。