スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
野沢菜
- 2007/12/05(Wed) -
20071205185041.jpg

 誰もが思い浮かぶ信州三大名物と言えば信州蕎麦、おやき、野沢菜漬けだろう。子供のころから野沢菜漬けは食べていたが、これが野沢菜漬けということを知ったのは高校を卒業してからであった。というのはこの地域では野沢菜漬けと言わず「お菜」もしくは「お葉漬け」と言う。
東京の友人に「野沢菜うまいよねー」と言われても野沢菜漬け=お葉漬けであることがわからなかった。その友人はスキーをやっていたので野沢温泉あたりの旅館で出される漬け物が野沢菜だと思っていた。あとでそれがお葉漬けであることを知り、野沢菜って言うんだ・・と。
日本全国にはご当地漬け物がいろいろあるが、野沢菜漬けこそ信州のご当地漬け物だろう。この地域の農家では自家用に野沢菜を栽培し、この季節に樽に漬け込む。家の横の畑には母親が栽培してる野沢菜があり、無農薬で栽培しているので葉っぱは虫食いの跡で穴がいっぱいだ。基本的には野沢菜と塩だけで漬け込むのでかなりシンプルな漬け物で、虫食いの跡も食べるときにはまったく気にならない。
信州の名産だけあってお土産やさんで野沢菜漬けをよく見かける。見た目は鮮やかな色できれいだが化学調味料で味付けされていて、一口目の味はシャープでおいしさを感じるが化学調味料独特の後味になり異常に喉が渇く。
それに比べ家庭でのお葉漬けの味はシャープさはないがホッとできる味かな。
年を越し3月になると、真っ青だったお葉漬けが鼈甲色になり、酸味を増す。それはそれで独特の旨みがある。それを味わえる頃になると、この地域も春の気配を感じることができる。
この記事のURL | 信州佐久の野菜&果物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<冠雪 | メイン | GL260>>
コメント
-こんにちは。-
よく「食べ物は季節を伝える」といいます(私だけかな 笑)
生命エネルギーのある食べ物は、化学薬品を加えていない
食べ物だけですね。
お漬物から、酵素や善玉菌を採るように話しています。

2007/12/06 16:50  | URL | helcon #-[ 編集] |  ▲ top

--
 コメントありがとうございます。
化学調味料が入ると何を食べても同じ味に感じてしまいます。
昔ながらの漬け物にはなんとも言えぬ旨みがありますね。
2007/12/06 18:48  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/175-9a95aac5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。