スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イタリア旅行記①
- 2007/12/10(Mon) -
飛行機

 今回のツアーはHIS主催の大満喫イタリア8日間の旅。
イタリアということで言葉の心配もあったので添乗員さん付のツアーに参加した。総勢120名の参加でABCの三班に分かれての行動、したがってそれぞれのグループは違う航空会社での出発になり、B班は12時発のヴァージンアトランティック航空でイタリアへ出発。途中ロンドンで乗り継ぎミラノへ。
ちなみにA班はフィンランド航空でヘルシンキ乗換え、C班はKLMでアムステルダム乗換えだそうだ。参加者も時期的に卒業旅行のシーズンだけあって学生も多く、さすがにイタリアということで若い女性の参加者が圧倒的に多い。修学旅行のような雰囲気です。

ヴァージンアトランティック航空といえば旅行雑誌などの人気投票でつねに上位にランキングされるだけあって機内食に松花弁当も選べサービスは充実。座席の前のモニターでは好きな時間に好きな映画も観れ、それなりに快適だったがロンドンまで12時間の長旅はさすがに疲れました。

松花弁当
イギリスの航空会社の機内で松花弁当。しばらくは日本食は食べれません。

ソーセージ

 ロンドンヒースロー空港へ到着しアリタリア航空へ乗り継ぐため到着したターミナルから他のターミナルまでバスで移動。しかも待ち時間が3時間以上もあり、しょうがないので空港内を散策というか物色する。
イギリスといえばパブということで空港内のパブで一服。といってもヒースロー空港内はすべて禁煙なので実際はビールで一服ということになる。空港内といえせっかくイギリスに来たのでイギリスらしいものでも食べてみるかと思い、フィッシュ&チップスかソーセージか迷ったが結局ソーセージを注文。ソーセージの下にはかなりの量のマッシュポテトが・・。イギリスは食べるものはまずいと聞いていたので、それほど期待していなかったのがよかったのか、まあこんなもんだよなーというのが率直な感想。ただビールは日本のチルドビールのように濁っているのにあっさりしていて飲み易く、これがイギリスのビールなのかと思うとちょっと感動した。
ヒースロー空港の利用者数は世界で二番目か三番目だとか。たしかにターミナルが四つもあり初めての利用者によってはわかりにくい。それにしてもこの空港は増築に増築を重ねたということだけあって空港と言う感じがしない。何気に庶民的というか空港というより大きなショッピングセンターのような雰囲気であった。数時間であったがイギリスっぽさを感じることができてよかったかな。


COMO.jpg

 ロンドンから空路2時間でミラノ空港へ到着。やっと到着と思いきや、ここからバスに揺られさらに2時間。ここはミラノから北50kmに位置するCOMOの街。コモと言う名の湖があり、ミラノの人たちの避暑地だそうです。日本を発ってから20時間。やっと今夜の宿泊先に着きました。日本時間では午前8時、現地時間で23時で今日は一日移動日でした。
ホテルの部屋に入るとイタリアへ来たんだなーと実感。そのままコテンと爆睡し一日目は終わりです。
この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イタリア旅行② | メイン | スーツケース>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/182-40de460a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。