スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雑煮
- 2008/01/14(Mon) -
雑煮2008111

 もちの雑煮ほど地域によって違いのある料理はないだろう。信州のもちは四角だが、西日本へ行くともちは丸いらしい。西日本出身の友人が東京へ住むようになりもちを買ったら四角で、売ってるもちなので四角なのかと思ったそうだ。

毎年もち米を200kほど栽培し、それで自家製のもちを作る。何年も種を自家採取していたせいか、今年のもち米の出来はイマイチだ。というのはもち米にうるち米が混ざってしまい、もちを搗いても、もちの中にうるち米が残ってしまい滑らかさがない。それでも味わいという意味では旨い。

もちは地域によって形も違うが雑煮となると味噌仕立て、おすましなどなど味付けも違えばダシも違う。地域間の違いもあれば各家庭によっても違いがあるだろう。うちでは昔から豚肉でダシを取り、それにネギ、大根、にんじんなどなど冬野菜を入れまさしく雑煮という感じになる。コクがありこれが自分の中では一番ホッとする雑煮である。もちは日本の正月には欠かせない食材であり、地域独特の食べ方があり、雑煮こそ地域地域の郷土料理なのだろう。
この記事のURL | 食のこだわり | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夕暮れの浅間 | メイン | ローマの休日>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/212-aba8af3d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。