スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
米検査
- 2008/02/27(Wed) -
米検査20080227

 米蔵から米を車に積み込み米袋を見ると、米穀検査が済んでいないことに気がついた。慌てて米穀検査機関の佐久産直センターへ駆け込んだ。検査員のK氏にその旨を伝えると、その場で検査を行なってくれた。まずは米袋を計りに載せ計量すると問題なくクリア。差し棒という長いナイフのような道具で米袋を二箇所刺し、サンプルを抽出する。そして水分計で水分を測る。こちらも規定の水分量でクリアした。そして最後にカルトンと呼ばれる白い皿と黒い皿に玄米を乗せ、人間の目で目視しその玄米の等級を決める。持ち込んだすべてがまったく問題なく一等となった。この地域での一等の比率は90%を超え、全国の中でもトップクラスだ。全国平均で一等になるのは40%くらいなので、この地域は突出している。平成19年は猛暑の影響で九州では一等の米はほとんどなかったとか。ここ佐久は高地のため温暖化の影響は今のとこそれほどない。しかしこれから温暖化が進むと米の高温障害も増え、一等になる比率も下がるだろう。温暖化を踏まえ、それに合わせた栽培方法とは、7月の高温になる時期に稲をバテさせないということだろう。それには有機肥料をジワジワと効かせることと、田植えの際の疎植だろう。昨年の夏はあんなに猛暑だったのに、今年の冬はかなり厳しい。今年の夏はどんな夏になるのだろう。
この記事のURL | 特別栽培米 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<農家の店 | メイン | 雪解け>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/253-42e951b2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。