スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
施肥①
- 2008/03/19(Wed) -
施肥20080319

 今年は雪が多くなかなか田んぼが乾かなかったが、ここ1週間の温暖な気候でだいぶ乾いた。田んぼが乾いて、いよいよ作業の開始だ。今日は朝から新規就農者のIさんが手伝いに来てくれ、二人で今年初めての施肥をした。トラクタの前部へ取り付けたライムソワーという機械で鶏糞を撒くのだが、一人での作業だとトラクタからの乗り降りと鶏糞の運搬がけっこう大変な作業となる。二人だと補給の際もIさんが鶏糞を補給してくれ仕事がはかどる。トラクタの作業中もガレージから田んぼへの鶏糞が運べ機械をフルに稼動させることができた。夕方になると雨が降り出してきた。せっかく乾いた田んぼなのだが、水分を含むと田んぼへ入れない。最後に作業した田んぼからトラクタを出すとタイヤに泥が絡みつき農道を走るとかなりの量の泥を農道に落とした。ここでもIさんがスコップでその泥を農道から田んぼへ戻した。粘土は乾くと粒子が細かくなり、エンジンフィルターの目を詰まらせエンジンを壊すこともある。水分を含むとトラクタのタイヤで練ってしまい、タイヤが泥だらけになる。粘土質の土壌は作業性という意味では劣るが、そこでできた農作物は米に限らずおいしいらしい。それにしてもこの粘土恐るべし。
この記事のURL | 特別栽培米 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<春雨 | メイン | 十割蕎麦と糠漬け>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/274-5593d3be
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。