スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
長者原
- 2008/06/13(Fri) -
農園20080613

 佐久市内には戦後の開拓地がいくつかある。その中でも大規模農業が行なわれているのが長者原だ。ときどき手伝いに来てくれるI君はその地で有機農業を営んでいる。長者原には若手の新規就農者が多く、それがコミックのおいしんぼにも紹介されたほどだ。彼の農園を訪ねたら、これから収穫を迎えるインゲンやモロッコが整然を作付けされていた。これから収穫の時期だが、彼のとこには数名の若い助っ人がやってくる。農業の高齢化が問題視されているが、彼のところでは若い人で活気がある。若い人を惹きつける農業とはなんなのだろう・・。すべてが機械化され、化学肥料と農薬を多用する大規模農業ではなさそうだ。きっと自然の中で自然と一体となるライフスタイルに憧れるのだろう。それこそ持続可能なライフスタイルなのかもしれない。
この記事のURL | 信州佐久の野菜&果物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<六本木農業倶楽部(続) | メイン | リトルカブ>>
コメント
--
若い世代が農業へ向かうことは喜ばしいことですね。
次世代に期待しましょう!
甥(高校2年)は将来、農業をしたいと言ってます。
2008/06/14 09:26  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
三代目さん
 農業を目指す甥っ子さん、将来有望ですね~
今は農業がトレンドの仕事になりつつあります。工夫次第で
おもしろい仕事です。がんばってほしいです!
2008/06/15 20:10  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/347-90e70502
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。