スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乾田
- 2008/11/01(Sat) -
田お越し20081101
 同じ佐久市でも佐久鯉で有名な桜井地区へ田お越しへ行ってきた。ここは親戚の田んぼで田お越しや稲刈りなどの作業を請け負っている。佐久鯉は田んぼで鯉を飼ったのが発祥で、さすがに鯉の本場だけあり水の豊富なところでもある。そして浅科地区と歴然と違いのは土質だ。粘土が弱く、田んぼが乾きやすい。なので田お越しをしてもトラクタが沈まずにきれいに起せた。トラクタに妙な負荷もかからずに短時間できれいな仕事ができ、ひさびさにいい仕事ができたなぁと思うと同時に浅科地区の粘土の凄さを改めて実感した。しかしその強粘土こそが五郎兵衛米を作る大事な要素でもあるのだ。
この記事のURL | 田んぼの時間 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<韓流食卓 | メイン | コイン精米機>>
コメント
--
佐久では千曲川の東と西で土壌が違うと良く聞きますが、トラクタの沈み方がここまで違うんですね!これなら楽に起こせますね(^_^)v
2008/11/02 20:28  | URL | 近所のS君 #ODB.tzFc[ 編集] |  ▲ top

--
   近所のS君
 かなり快適に田お越しができました。これが普通なんだと思います。
浅科地区の田んぼは農機具メーカーにとっても想定外なのだと思います。
2008/11/03 21:38  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/482-e9ec1947
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。