スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ねば
- 2008/11/15(Sat) -
トラクタ200811
 ここ浅科地区の田んぼは重粘土で有名だが、これをこの辺ではねばと言う。粘るを省略してねばと言うのだろう。トタクタで田んぼを起こす際に、そのねばが作業機の中に張り付き、そして水分が抜け乾くと作業機から剥がれ落ちる。その量は半端なものではなく、数十キロにもなるだろう。それにしても重い土で26馬力のトラクタでもかなりの重作業になる。昔はトラクタもなく人力での作業だったのだが、これを人力でこなしたとはあっぱれだ。昔の人は凄いなぁと実感するとともに、現在の恵まれた機機械体系に感謝するのみです。
この記事のURL | 農業機材 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<紅葉 | メイン | ほうれんそう>>
コメント
--
“文明の利器”ですね
私が使っている精米機も以前に比べると格段に進化しています
昔は、杵と臼を使い人力で精米していたことを考えると、発明した人に感謝です
2008/11/17 13:33  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
   三代目さん
 これだけ機械が発達したのに食糧自給率が下がり続けるとは皮肉なものです。
それにしても機械には感謝感謝です。
2008/11/17 21:56  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/496-e4323212
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。