スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バナナ
- 2009/01/13(Tue) -
バナナ200901
 一年中買うことができて、最も親しみやすく大衆的な果物といったらバナナだろう。昔はさぞ高級品だったらしいが、今や最も買いやすい果物になっている。スーパーへ行くと、翌日は定休日ということで生鮮品の値段を下げ売り切ろうとしていた。なんとこのバナナ四つで50円になっていた。とても食べられる量ではないが、バナナジュースにしたり、バナナ菓子にすればなんとか消費できそうなので買ってみた。捨て値で売られたバナナではあるが、これが売れなかったら廃棄処分になるのだろう。飽食の時代と言われているが、世界的にはすでに食糧難の時代を迎えている。食べれるものを捨てる文化を一日も早く捨てなくはと思う。
この記事のURL | ECO | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トラクタ格納 | メイン | ネットショッピング>>
コメント
--
お隣の国、韓国では未だにバナナは高級品ですね
韓国の友人が「バナナは子供達が寝てからの夫婦の楽しみ」と話していました
夫婦の楽しみ・・・?
考えすぎ?(笑)

しかし、我が国日本は本当にこのままでは自滅するでしょうね
「飽食の時代」・・・
ふざけ過ぎてます
2009/01/15 09:06  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
   三代目さん
 韓国ではまだ高級品なんですね。最近のバナナダイエットの流行で
スーパーも大量に仕入れたが当てが外れたということでしょうか。
食品の一時的なブームというのも考え物だと思います。
2009/01/16 02:48  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/547-df80d238
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。