スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初午
- 2009/02/06(Fri) -
初午200902
 市内にある鼻面稲荷神社にて毎年恒例の初午があった。境内ではだるま市がありかなりの賑わいを見せている。境内の入り口までの公道にも数十件の露天商が並び、この地域では規模の大きい縁日でもある。普段なら雪の中での初午だが、今年は暖かく特別だ。境内ではないが、神社の近くの河原に櫓を組み、そこに古いだるまを集めてドント焼きをするのが恒例になっている。もちろん日が暮れてからのイベントになるのだが。普段はひっそりとしている稲荷神社であるが、一年でこの日だけは人でごった返す。この人の賑わいを見ると、まだまだ初午は廃れていないし地域信仰という文化は残っているのだと強く感じた。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<そうだ京都行こう | メイン | 春の陽>>
コメント
--
“地域信仰”も様変わりしてしまったり 何時の間にか無くなってしまう今日この頃
後世に きちんとした形で残したいものです
2009/02/08 10:21  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
   三代目さん
 だるま市は賑わっていました。今でも一般家庭にはだるまが飾ってあります。
これも文化なのでしょう。
2009/02/11 21:17  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/565-7ed26100
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。