スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オーガニックカーネーション②
- 2007/08/24(Fri) -
IMG_4935.jpg

先日、佐久市内でオーガニックカーネーションの栽培をしているS氏よりメールを頂き、五郎兵衛米の玄米30kを配達に行ってきました。
ハウスの中は37℃くらいでかなり暑いのですが、丹精込めたオーガニックカーネーションは綺麗に咲いています。
S氏と有機農業の技術に関しての話は盛り上がり、その中でも連作障害の話はとても興味深かったですね。田んぼの場合は連作障害ということはないので何年でも同じ稲を栽培することができますが、畑作の場合は同じ作物を数年作ると収量が落ちるため、そのため農薬を使用することになるのですが、有機栽培の場合、安易に農薬を使えません。そこで工夫と技術が必要なのですが、S氏はすでにその対策を考え、それに備えていました。さすがだなーっとひたすら感心するばかりです。帰りがけにオーガニックカーネーションの花束を頂きありがとうございました。今後、ここ佐久市はオーガニックフラワーの産地になることを確信して帰路につきました。
佐久市もこれからS氏のような新規就農者が増え農業に活気が出ることを期待しています。
この記事のURL | 親愛なる人々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<初りんご | メイン | 原因の考察(仮説)>>
コメント
--
狭い庭ですが少々野菜など作っています。
“連作障害”のことは、この家庭菜園で実感しました。
ご苦労の程、よ~く解ります。
2007/08/25 08:28  | URL | 三代目 #-[ 編集] |  ▲ top

--
 コメントありがとうございます。
水田には連作障害がありません。なので毎年稲を作ることができ、
治水や環境保全の役にたっています。自分で言うのもへんですが、
田んぼの役割って大きいですね。
2007/08/25 16:28  | URL | 主席研究員 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakuorganic.blog109.fc2.com/tb.php/72-45dec81d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。